朝起きたらカーテンを開けて朝日をあびよう!

「日中眠いです。」
「朝に光りを浴びることがない」

このような方は睡眠ホルモンが足りない感じです。

朝に光を浴びることで、体内時計をリセットします。
これから朝ですよと身体が感じることで、身体の中の臓器や細胞が働きやすくなります。

Q:なぜ光が大事なんですか?
A:実は身体の体内時計はズレていて、一日の24時悪寒出なくて、24.5時間と時間栄養学という分野でいわれております。なので、光を浴びない状態だと、身体はいつ朝か分からずに身体が働きにくくなり、夜の時間も眠くならなかったり、寝る時間が遅くなったりします。

A:午前中に光りを浴びることで、妊娠するために有効といわております、「メラトニン」が起床14時間~16時間にでるようになります。

光りが人間の及ぼす5つのメリット
1:ビタミンDが増えることで免疫力UP
身体の中の感染症を防ぐ力があがり、妊活にはとても大事になります。

2:気分を安定させるセロトニンがでる
光りを浴びることで体内のセロトニンが分泌がされます。このセロトニンが出ると、気持ちが安心して穏やかになる。妊活の人には大事です。

3:体内時計を整える
朝に光を浴びることで交感神経を刺激されて、脳が覚醒します。

4:細胞の新陳代謝をサポート
肌が良くなったり、新陳代謝が働きやすく成り、身体を健康にみちびく。卵子や子宮の中をキレイにするに大事です。

5:血圧を下げる
紫外線を浴びることで、一酸化窒素が増えて、血管が拡張して血圧が下がります。妊活には血圧が高いと、子宮の方に血液hが行きにくくなります。
安定した状態を保つのが妊活には大事です。

Q:どのくらいの量を浴びたらいいのか?
A:メラトニンをつくるには10000ルクスの光りが大事です。時間で言うと60分から90分です。
窓ぎわは基本光が足りないのでNGです。

光りがないと、睡眠ホルモンがつくられません。
この睡眠ホルモンがないと、睡眠の質が落ちます。

睡眠の質が落ちると卵子の質も落ちます。

なので、妊活には睡眠ホルモンは大事です。

そのために光りを浴びることが大事になってきます。
時間を作って浴びるようにしてください。

成田整体マッサージ  成田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身体の不調は「熟睡睡眠」でサヨナラできる 流れを変えて 巡りを良くする 授かり体質プランナー                      成田政広                                    成田整体マッサージ  代表           授かり体質プランナー  代表         睡眠栄養指導士協会  会員          日本妊活協会  会員             日本妊産婦整体  会員             成田政広