お酒は我慢したほうがいいの?

「お酒が飲みたい!!」
「妊活中だからお酒が飲めない」

妊活をしているとこのような言動が出ませんか?
男子の方も、禁酒をしている方もいます。

もちろん禁酒するのが、内臓にも負担をかけないし、
身体の質を良くするにはとても良いことです。


でも我慢しすぎてませんか?

私は気分転換に、週に1回くらいは、少し飲んでも構わないですと言います。

しかし、このような方は辞めてくださいね。
・だいぶ太り気味
・肝臓が弱い
・睡眠障害がある
・日中の眠気が酷い
・生理痛が強い
・身体がすぐに痛くなりやすい(肩こり、腰痛)
・疲れやすい
・カフェインを取らないと仕事が全然ダメ

このような方は、まずは控えた方がいいです。

身体がその状態ですと、逆に悪くなってしまいます。

なので、身体を良くして、元気な状態だったら、
少しアルコールを楽しんでもいいと思います。

なぜ、アルコールがいけないのか?

簡単に言いますとアルコールが腸で吸収されて、
それを肝臓で処理する時に分解するとアセドアルデヒドがつくられまして、
睡眠の覚醒物質になります。
簡単に言いますと睡眠の邪魔をします。

睡眠の質が下がります。

それ以外に、アセドアルデヒドが身体に悪影響を及ぼします。
有害物質で、頭痛や吐き気が起こります

お酒を飲み過ぎると、このような事が起こり、分解に時間がかかり内臓に負担がかかります。

そうすると身体の修復が悪くなり、卵子に良い血液を送れていません。

身体は必要な所に、血液を送ろうとします。

アルコールの飲み過ぎは身体を酸化させますし、卵子の質が落ちます。

ですので、たまに少し飲むくらいならオーケーです。

ただ飲むにしても良いものを飲んでください。
・発泡酒
・第三ビール
・缶酎ハイ
・ノンアルコール

は出来るだけ控えましょう。

ノンアルコールはアルコールがないから飲んでも大丈夫でしょう!!
という方は気をつけましょう。

ノンアルコールは添加物がたくさんありますから、ビタミンミネラルをたくさん取られます。
そうなると身体の質が、悪くなります。

特に男性は気をつけた方がいいですね。
ノンアルコールだから大丈夫という方がいます。
実は精子の質を落とす事になりますので。

男性も断酒はした方がいいですね。

お互いに断酒をした方が質は良くなります。

しかし我慢するよりかは、少し飲んだ方がいいです。

ほどほどで頑張り過ぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身体の不調は「熟睡睡眠」でサヨナラできる 流れを変えて 巡りを良くする 授かり体質プランナー                      成田政広                                    成田整体マッサージ  代表           授かり体質プランナー  代表         睡眠栄養指導士協会  会員          日本妊活協会  会員             日本妊産婦整体  会員             成田政広